トップ > イベント・お知らせ

イベント情報・お知らせ

アイコン2016/4/9

2016「自然流ランニング大学」について

この大学は、松下村塾のごとく、教える者も学ぶ者も互いに向かい合い、語り合い、ランニングを探求するランニング教室です。「なぜ走るのか」「いかに走るか」を問いただしながら、ランニングを楽しむための理論や実践法を学び身につけることがねらいです。今年で3年目を迎えて、従来の自然流大学で行ってきた考えや経験を生かしながら、もっと多くの方々と交流して、真なる市民ランナーを目指します。
学生つまり受講者は、雑誌「ランニングの世界」を教科書のように愛読し、その執筆者や関係する人たちとその理論や実践を学び合い、さらにより正しく楽しいランニングを深め、そして、自らのランニングの成果を「ランニングの世界」などに発表する機会を持ちたいと思います。
 むろん、たとえ、ランニングが未熟であっても、「ランニングの世界」が未読であったとしても、われらに関心を持って本大学の入り口のドアを叩く人ならば大いに歓迎いたします。

募集要項はこちらからご覧ください

2015年のランニングの様子はこちらからご覧ください。

アイコン2016/4/4

2016北海道マラソン教室開催のお知らせ

制限時間は大幅に緩和されたとは言え、暑さと厳しい関門が完走の大きな壁になっている北海道マラソン。今年こそはと挑戦心に燃えている方も多いことでしょう!コース終盤の北大キャンパス、道庁、大通公園を颯爽と駆け抜け、笑顔でゴールしたいものですね!
マラソンは知恵のスポーツと言われます。用意周到なトレーニングとレース戦略が必要となります。特に夏のマラソン特有の難しさを克服するためには、初夏から盛夏へと移り変わる仕上げ3ヶ月のトレーニングが鍵になります。“賢く走る”ための秘訣をマラソン教室で学んで、目標を達成しましょう。

募集要項ができましたのでこちらからごらんください。

アイコン2015/11/23

2016年度年間スケジュールのお知らせ

2016年度の年間スケジュールを掲載いたしました。なお、都合により日程が変更になることがあります。

※2016/4/19に変更になりました年間スケジュールを掲載しました。日程変更があります。ご注意ください。

アイコン2015/4/7

2015「自然流ランニング大学」学生募集のご案内

この大学は、松下村塾のごとく、教える者も学ぶ者も互いに向かい合い、語り合い、ランニングを探求するランニング教室です。「なぜ走るのか」「いかに走るか」を問いただしながら、ランニングを楽しむための理論や実践法を学び身につけることがねらいです。今年で3年目を迎えて、従来の自然流大学で行ってきた考えや経験を生かしながら、もっと多くの方々と交流して、真なる市民ランナーを目指します。
学生つまり受講者は、雑誌「ランニングの世界」を教科書のように愛読し、その執筆者や関係する人たちとその理論や実践を学び合い、さらにより正しく楽しいランニングを深め、そして、自らのランニングの成果を「ランニングの世界」などに発表する機会を持ちたいと思います。
 むろん、たとえ、ランニングが未熟であっても、「ランニングの世界」が未読であったとしても、われらに関心を持って本大学の入り口のドアを叩く人ならば大いに歓迎いたします。

学生募集の詳細・申し込み(PDF版)

学生募集の詳細・申し込み(Word版)

ランニングの世界・友の会のイベント一覧

主催イベント

1)ランニング教室

2)マラニック大会     

3)友の会の集い(年2回:5月、10月)


企画・運営イベント


協力イベント

年間スケジュール・イベントレポート

主催・企画運営イベントについて

自然流ランニング大学

大学の理念とねらい
 この大学は、松下村塾のごとく、教える者も学ぶ者も互いに向かい合い、語り合い、ランニングを探求するランニング教室です。「なぜ走るのか」「いかに走るか」を問いただしながら、ランニングを楽しむための理論や実践法を学び身につけることがねらいです。本年は、従来の自然流大学で行ってきた考えや経験を生かしながら、下記のような新たな方法によってより充実した場にすることを目指します。
学生つまり受講者は、雑誌「ランニングの世界」を教科書のように愛読し、その執筆者や関係する人たちとその理論や実践を学び合い、さらにより正しく楽しいランニングを深め、そして、自らのランニングの成果を「ランニングの世界」などに発表する機会を持ちたいと思います。
 むろん、たとえ、ランニングが未熟であっても、「ランニングの世界」が未読であったとしても、われらに関心を持って本大学の入り口のドアを叩く人ならば大いに歓迎いたします。

今年度のご案内はこちらから

北海道マラソン教室

都市型市民マラソンの草分けである北海道マラソンは参加資格を5時間に緩和して、 門戸を大きく広げました。とは言え、夏のマラソンには特有の難しさがあります。観光客も交えた多くの人々が応援してくれるコース終盤の北大キャンパスから道庁までの都心部を笑顔で駆け抜けるためには、 用意周到なトレーニングとレース戦略が必要となります。北海道マラソンを“上手に走ろう”と思っているあなたのための魅力的なプログラムを用意しました。ランニング仲間を誘って是非ご参加ください。 今年は参加できなくて、来年こそはと思っている人も大歓迎です。

隅田川お花見マラニック

春のうららの隅田川河川敷に咲き乱れる桜を愛でながら東京下町「月島・佃」界隈の古い町並みと臨海部にそびえる超高層マンション群のコントラストを楽しんだら、お昼は築地の海鮮丼で舌鼓。
東京タワーと東京スカイツリーを眺め、東京湾に注ぐ隅田川河口のウオーターフロントをゆっくり、のんびり歩き走りする自由奔放なお花見マラニックです。

お江戸ぶらり探訪マラニック(秋)

江戸情緒の残る隅田川沿いのチェックポイントを探し回るマラニックです。マラニックコースはチーム毎にガイドスタッフの支援を得て決めます。
もちろん、「昼食はどこで何を食べるか!」も。チェックポイントは、浅草、両国、清澄、門前仲町、佃島、月島、築地、銀座、晴海・・・。
古い町並みと超高層マンション群の隅田川ウオータ-フロントを楽しみましょう。新しい発見があるはずです。

inserted by FC2 system